noadd|member



Daisuke Urano
Chairman / Producer

東京都生まれ
2001年~2002年 Eastern Washington University 留学
2004年~映像制作会社 主に MTV、日本テレビ、テレビ朝日、TBSの現場で経験を積む。
              映画予告編演出も手がけ、ハリウッド映画をはじめ数多くの作品に関わる。
2009年~映画配給会社クロックワークス
2011年~出版社エンターブレインにて漫画、雑誌、アニメ等コンテンツの宣伝とプロデュースに従事し、
クロスメディアコンテンツの「武装中学生」宣伝プロデューサーを務める。
2012年~最先端のデジタルクリエイティブを中心とした会社SUPEREYEに
ディレクター兼プロデューサーとして参加。映像、広告、イベント等のコンテンツを手がける。
また数々のプロジェクションマッピングをプロデュースし、「笑っていいとも!」にも出演する。

Born in Tokyo,
Deisuke Urano studied abroad at Eastern Washington University from 2001 to 2002.
Beginning in 2004 he worked with a video production company
that did work for such brands as MTV,Nippon-TV, TV-Asahi, and TBS.
In 2009, he worked with the film distribution company “THE KLOCKWORX”
and in 2011, joined the publishing company Enterbrain, producing various Manga (graphic novels),
Magazines,Anime and he became the advertising producer of “BUSO-CHUGAKUSEI”.
In 2012, he worked as a producer and director for SUPEREYE, a company excelling in digital creativity.
Deisuke also produced projection mappings,
which he demonstrated on an episode of the legendary Japanese TV program, “Waratte Iitomo”.









Tadashi Yoshino
President / Creative Director

横浜市生まれ
東京ビジュアルアーツ 映画企画演出学科卒業
2001年~2003年 在学中よりフリーの演出助手として活動を始める。
東宝撮影所に通う日々を過ごし、助監督として幅広い作品に携わり演出を学びながらも、
スカパー音楽番組にカメラスタッフとして参加し、撮影技術を磨く。
2003年 ~2012年イベント映像会社に所属 舞台監督・映像のテクニカルディレクターとして、
コンサートから国際会議と限りのない映像演出を学ぶ。
2012年 マルタ共和国 在住
2012年~2013年 イギリスロンドン在住 ショートフィルム制作に勤しむ
2013年~2014年 映画配給会社にて沖縄国際映画祭の担当を務める
2014年~海外のイベント案件を主にテクニカルコーディネーターとして従事


Born in Yokohama,
Tadashi Yoshino graduated from Tokyo Visual Arts College where he studied film.
From 2001 and going through 2003, he added to his experience assistant directing.
When working at TOHO studio, he took part in many varieties of films and
even worked at music channel Sky Perfect TV as a cameraman.
Beginning in 2003, he worked at an Audio Visual company as a stage and visual technical director
with projects ranging from concerts to international conferences, gaining valuable experience as a director.
He stayed at this until 2012 when he went to Malta to study.
Later in 2012 he worked on a short film in London, England.
From 2013 to 2014, he found a home at a film distribution company
where he was in charge of the Okinawa International movie festival.
Since 2014, he worked with international events mainly as a technical coordinator.









Naoya Chiaki
Technical Director

東京都生まれ
武蔵工業大学 (現)東京都市大学 工学部 電気電子工学を専攻
2005年~愛地球博にアルバイトとして参加
アルバイトながらも、現地で運営チームに気に入られ、
「サテライト会場 ポケモン大好きステージ」進行スタッフリーダーを務める
2005年~2014年 映画上映会社モノリスにて
主に大型スクリーン使用に特化した映像から音響全ての機材コーディネーションを担当。
テクニカルディレクターとしても、現場の仕切りからオペレーションまでこなす。
2014年~ 予ねてからの友人であった副代表の吉野氏と共に、
最上級の映像演出を目指すためにフリーランスとなり活動を開始する

Born in Tokyo,
he studied electrical engineering at Tokyo City University.
From 2005, Naoya Chiaki worked part time at an international exposition.
It wasn’t long before the events team, impressed with his abilities,
promoted him to staff leader.
From 2005 to 2014, he was in charge of audio equipment coordination
used in films at the production company Monolith.
As a technical director, he took over as the operation head.
Starting in 2014, with Tadashi Yoshino,
he turned to freelancing as a personal path to new horizons in his creative energies.









Reiki Tsuno
Film Maker
Actor

和歌山県生まれ

2002年~アイルランド在住 Griffith College Dublinにて映像制作を学ぶ。
2010年~ニューヨーク在住 New York Film Academy にて映画制作を学ぶ傍ら独立系映画会社で実経験を積む。
在米中、多くのショートフィルム制作に携わり、自身が監督した作品が米映画祭に公式出品される。

また、師事していた映画監督ロイド・カウフマンの奨めで俳優デビューし、主要キャストの一員として出演した作品が
「MoMA」のベストムービー選:The Contenders2013に選ばれ、その月のプログラム表紙を飾り、
カンヌ国際映画祭にも出品される。
その他、ニューヨーク国連本部を主に、報道取材スタッフとして勤務。

2012年~帰国後は国内を舞台に主にTV番組やCMまた企業プロモーションPV、ミュージックビデオなどを監督。
映画予告編やプロモーション映像の編集なども手掛ける。
海外生活の経験を活かし、劇場公開映画の翻訳字幕、また同時通訳などの分野でも活躍。

Born in Wakayama prefecture, Reiki Tsuno went to Dublin,
Ireland in 2002 where he studied film direction at Griffith College.
2010, found him in New York City furthering his education in film direction
and film making at the internationally known New York Film Academy.
He was a crew member for many short films while in New York City and his own short films
“Bounce of the Dead” and ”Paddy and Me” were selections at various American film festivals.
After graduation at NYFA he gained hands-on experience
at the famous independent film company Troma Entertainment.
Working under cult favourite director Lloyd Kaufman,
he made his debut as an actor in Kaufman’s Return to Nuke ‘Em High Vol.1 & Vol.2as a member of the main cast.
This picture was chosen for the Museum of Modern Art’s Best movie selection in The Contenders 2013
and appeared at the Cannes film festival.
While in New York, Reiki worked at the headquarters of the United Nations, assisting with their news coverage.
Returning to Japan in 2012, he directed corporate promotional videos, music videos, film trailers and more.
Using his exposure to the English language, he added film subtitling and language interpreter to his resume.









Ayumi Onzo
Art Director
Graphic Designer

茨城県生まれ
女子美術大学短期大学部造形学科デザインコース卒業
在学中より写真を撮り始め、卒業制作で撮った写真がポストカードブックとして出版される。
1998年 アメリカ ボストン在住
2003年 イギリス バーミンガム 在住
2003年~企画制作会社にて進行管理を務める
2005年~デザイン事務所にてグラフィックデザイナーとして広告制作に携わる。
2008年~フリーランスになり、地元のアートプロジェクトや地域活性プロジェクトにデザイナーとして従事。
2011年~2015年 SUPEREYEに参加。
「人々の心に残るようなものづくり」を原点に映像、広告、イベント等、様々なコンテンツを手がける。

Born in Ibaraki prefecture,
Ayumi graduated from Joshibi University of Art and Design and studied Figurative Arts.
She took an interest in photography while studying,
and the pictures she created were used in her dissertation and published.
In 1998, she continued her studies in Boston, Massachusetts.
In 2003 she traveled to Birmingham in England, again to advance her studies.
Beginning in 2003, she worked as a project leader for an advertisement planning company.
In 2005, she began a career as a graphic designer and in 2008 became a freelancer.
She took part in art projects and even projects that involved helping local communities,
using design and art. From 2011 to 2015 she was employed at digital creativity company SUPEREYE.
She continues to follow her original desire to produce films, events, commercials everyone can enjoy.









Haruka Saito
Copywriter
Assistant Producer

東京都生まれ
日本大学藝術学部 放送学科卒業
2009年~2011年「THE LAST SAMURAI」などハリウッド映画アジア圏キャスティングディレクターを務める
奈良橋陽子氏総監督の東京学生英語劇連盟に3年間参加。
『演劇を通じて英語を学ぶ』という理念のもと英語のみによるコミュニケーションで舞台製作を行う。
2010年 SBSラジオCMコンテストにて協賛社賞を受賞
2013年~2015年 インタラクティブやデジタル技術に特化した映像制作会社にて
アシスタントプロデューサーとして、主に制作進行を担当。
舞台やイベント案件では映像のオペレーション業務を行う。
2015年『おさはる』プロジェクト、
絵本・演劇・音楽を掛け合わせたプロジェクトユニットとして活動予定。

Born in Tokyo,
Haruka Saito graduated from Nihon University College of Art studying Broadcasting.
For 3 years she participated in a production company organized by Yoko Narahashi,
which creates plays only in English. Narahashi is a famous casting director known for works including the Last Samurai.
In 2010, Haruka was the 2010 Prize Winner in the SBS Radio CM conest.
Between 2013 and 2015 she worked as an assistant producer at a video production company
which specializes in interactive and digital technology.
She oversaw visual operation work for many events and plays.
As of 2015, she is a member of the upcoming project known as “Osaharu”,
which aims to combine children’s books, plays, and music.